2007年04月15日

おやのちをひく・・・

15日、中山では牡馬クラシック第1弾皐月賞が行われます。

有力馬の父が、01年のクラシックで活躍していたことから、
懐かしく思うファンも多くいると思います。
果たして、歴史は繰り返すのか、結果が楽しみです。


ちなみに、01年は・・・
皐月賞 アグネスタキオン・・・産駒JN
ダービー ジャングルポケット(皐月賞3着)・・・産駒@
菊花賞 マンハッタンカフェ・・・産駒IQ



◎@フサイチホウオー
明らかにダービー向き血統だが、
父が同じローテーションで3着。
01年ほどのレベルではない今年なら、3着以内は堅そう。

○Qココナッツパンチ
前走果敢に挑戦した弥生賞で2着。
今回は上がり目が見込めそうで、十分勝負になる。

▲Pヴィクトリー
大舞台で結果を出せる血統構成で、
前走のレベルはともかく、一発あるかも。

☆Kアサクサキングス
血統から、速いタイムへの対応には疑問が残るが、
中山が合いそうで、距離も心配ない。

△1Nアドマイヤオーラ
血統からは走っても不思議はないが、
昨年のアドマイヤムーンとダブる部分多く、信頼はできない。

△2Fサンライズマックス
相手なりに走る父親の特性を受け継いでいそうで、
このメンバーでも上位あるかも。


posted by こずえまにあ at 01:21| Comment(4) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

けっとうで、はかれるのか

14日、中山では外国馬が参戦するJGIの
中山グランドジャンプが、
阪神では春のマイル戦線を占う読売マイラーズカップが、
行われます。



中山グランドジャンプ
外国馬が参戦するレースとしては、ジャパンカップ以上に
難解なレース。
字面の血統背景だけで推し量るのがベターとは言えず、
当日のパドックで状態を確認して決めたいところだが・・・


◎Cメルシーエイタイム
近走から力をつけているのは間違いない。
今や障害のトップジョッキーとなった鞍上で、上位必至。

○Hカラジ
前走からは衰えを感じない。
距離延長は間違いなくプラスで、3連覇も。

▲Eストームセイコー
血統的に推したいのはこの馬。
鞍上がきちんと御せることができれば、一発も。

☆Jテレジェニック
年齢とともにキレがなくなっている分、この距離良い。
堅実なタイプで、馬券には加えたい1頭。

△Iノーヒーロー
前走はともかく、日本向きの血統。
未知数な面多いが、タフなレース展開なら。


読売マイラーズカップ
一昨年までとは一変し、昨年はGI級の馬が上位に。
ヴィクトリアマイルの創設が流れを変えたか。


◎Mエイシンドーバー
阪神マイルはベスト条件。
安田記念はコース微妙も、ここなら頭もある。

○Fアドマイヤキッス
阪神コースなら、2000mよりマイルが合いそう。
あとは牡牝混合の流れが合うかどうか。

▲Iマイネルスケルツィ
阪神ならベストは1400mと見るが、
相手関係から、馬券になる可能性は十分。

☆Cエアシェイディ
昨年の勝ち馬ダイワメジャーと同じ父・母父だが、
本来は阪神向きではない血統。
相手なりに走るので、軽視はできないが。

△Dローエングリン
過去3連対しているレースで、買わなければいけない馬。
前走の反動が心配ではあるが・・・
posted by こずえまにあ at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

ほんとうに3きょう?

8日、阪神ではクラシックの幕開け、桜花賞が行われます。
近年稀に見る高レベルの馬がいるのですが、
線引きをどこでするかが、鍵となりそうです。


正直、3着ならどの馬にもチャンスがありそうなので、
総流しを保険にして、印以外の高配当も狙うつもりです。


◎Mウオッカ
血統を凌駕する高レベルの馬。
距離はマイル以上なら問題なし。
展開に拘らず、連対は外さないと見る。

○Qダイワスカーレット
距離適性は1400m〜2200mなら能力発揮。
配合的に、桜花賞では勝ち切れない可能性大だが、
能力高いので、展開次第では頭も。

▲Bカタマチボタン
父・母父ともに厳しい流れ向きの血統。
凡レースにならなければ、3着は十分ある。

☆Pエミーズスマイル
前走のレベルは決して高くないが、
桜花賞向きの血統だけに入着なら狙える。

△Dレインダンス
チューリップ賞以外のトライアルが疑問で、
チューリップ賞どおりの決着も考えても良さそう。

20070408_00.jpg
posted by こずえまにあ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイルてきせい

7日、阪神ではヴィクトリアマイルへの前哨戦である
阪神牝馬ステークスが、中山ではNHKマイルカップへ
向けた一戦のニュージーランドトロフィーが行われます。


阪神牝馬ステークス
昨年から時期が移行したレース。
昨年は実績馬が順当に1・2着したが・・・


◎Dディアデラノビア
中距離路線を使われてきたが、血統的にはマイラー。
1400mへの短縮は問題ないと見る。

○Gブルーメンブラッド
1400mはベストではないが、京都よりは阪神向き。
前走勝ちから、ここなら勝負になる。

▲Fシールビーバック
母父からダート色濃いが、距離は合う。
荒れた馬場も合うはずで、他の馬が苦労すれば上位も。

☆Iサウスティーダ
格下だけにこの斤量は不利だが、距離短縮良いはずで、
素質から上位に来ても良い。

△Bアサヒライジング
マイルでも短い馬で、この距離は合わないが、
メンバー軽いだけに・・・


ニュージーランドトロフィー
同じ距離ながら、求められる適性が違うNHKマイルCは
考慮に入れない方が良いかも。
マイル適性よりは能力の高さが重要か。


◎Nマイネルレーニア
中山向きではないが、メンバー軽い。
昨年勝ち馬と同じグラスワンダー産駒で、当然上位。

○Eトーホウレーサー
距離短縮はプラスではないが、中山は合いそう。
前走で芝適性示し、ここは上位も。

▲Gシベリアンバード
ダートよりの血統はスプリングSに合わないので、
前走の大敗は問題ない。ダート血統合うこのレースなら。

☆Oムラマサノヨートー
前走は恵まれた感あり、能力には疑問も、
血統的には合うので、押さえてはおきたい。

△Aグレイトフルタイム
距離が鍵だが、血統は合う。
将来的にはダートの方が良さそうだが、ここなら上位も。


posted by こずえまにあ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

GIはかいがいで

1日、阪神では産経大阪杯
中山ではダービー卿チャレンジトロフィーが行われます。



産経大阪杯
以前は天皇賞へのステップレースともなっていましたが、
最近は中距離馬の腕試しの場という感じです。
休み明けの実績馬と冬に使ってきたオープン馬の比較が
難しいレースです。


◎Iシャドウゲイト
近走を見ると力をつけているのは間違いない。
このレースに抜群の相性のサンデーが母父に入り、
血統的にも推せる一頭。

○Cホッコーソレソレー
2000mへの距離延長は歓迎ではないが、
阪神コースの適性高く、ローテ良い。

▲Bメイショウサムソン
実績は最右翼も、阪神コースは歓迎ではない。
能力高いだけに、この相手なら圧勝もあるが。

☆Eメイショウオウテ
血統的には合うはずだが、道悪は合わないだろう。
どの程度の馬場になるかで走りも変わりそうで。

△Fトリリオンカット
血統的には道悪歓迎で、馬場悪化なら連対まである。

20070401_01.jpg
20070401_02.jpg
20070401_03.jpg

ダービー卿チャレンジトロフィー
ハンデ戦のGVだけに、あと一歩の馬が届くレース。
前走惨敗からの巻き返し多いのも特徴のひとつ。


◎Gインセンティブガイ
昨年好走のエンドスウィープサンデーの配合。
ローテも申し分なく、久々の勝利もあるか。

○Lダンスインザモア
長いスランプから脱出したが、この戦績でトップハンデ。
頭まではどうか。

▲Iピカレスクコート
血統的に中山での重賞レースは微妙も、
ハンデ手ごろで、十分勝負になりそう。

☆Aサイレンスプライド
前走勝ちからスケール感あるが、
血統的には中山向きではなく、2走ボケも怖い。

△Hグレートジャーニー
近走不振も、良血馬と乗れる地方ジョッキーで、
一発が怖い。

posted by こずえまにあ at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。