2006年12月02日

しょうらいをみるよりも・・・

3日、阪神では2歳牝馬チャンピオンを決める
阪神ジュベナイルフィリーズが行われます。
近年は後に活躍する馬が敗れる傾向にあり、
狙いはむしろ適性に求めた方が良いのかもしれません。
中京で行われるのは唯一の父内国産馬限定重賞となった
中日新聞杯
今年から施行距離が2000mとなりますが、
傾向は変わるのでしょうか。



阪神ジュベナイルフィリーズ

サンデー系ミスプロ系に好成績が目立つのは
一般的な重賞と同じ。あえて傾向を挙げるとしたら、
グレイソヴリン系・プリンスリーギフト系の不振か。


◎Nジーニアス
ある程度のスタミナが必要なレースだけに、
ダンスインザダーク×ノーザンダンサーのマイナー系という
配合は、少なくても前走より向くはず。

○Qハギノルチェーレ
キャリアの多さは気になるが、配合は最適と見て。

▲Kクラウンプリンセス
コース形態が変わり、ボールドルーラー系の血が生きる
可能性ある。

☆Oイクスキューズ
配合が適しているとは思わないが、ローテが良い。

△Dピンクカメオ
ダート配合だが、2歳のうちはこういう馬の好走多いので。


中日新聞杯

今年芝中京2000mで行われたGVは
いずれも父内国産馬が活躍していないが・・・


◎Kツルマルヨカニセ
朝日チャレンジCでは父内国産馬最先着。
相手関係と鞍上で上位必至。

○@トーホウアラン
距離は足りないが、GIでの健闘からここなら。

Aマヤノグレイシー
距離は違うが、このレース3連勝中のブライアンズタイム系産駒。
前走準オープン勝ちなら遜色はない。

☆Jシェイクマイハート
以前は好走例多かったトウルビヨン系だけに、上位あるかも。

△Mマヤノライジン
ブライアンズタイム系だが、母父に入るダンチヒの血が微妙で・・・
posted by こずえまにあ at 23:45| Comment(1) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参考にします
Posted by 東急不買 at 2006年12月02日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。