2007年11月25日

しょうがないのか

25日、東京ではジャパンカップが行われます。
凱旋門賞馬ディラントーマスが出走できなくなり、
正直なところ外国馬のレベルが高くなさそうな感じですが、
血統的には日本向きな馬ばかりで、侮れない感もあります。



◎Iメイショウサムソン
正直なところ、この馬を本命にしたくはないのだが、
血統的には前走よりこちら向きでもあり、
メンバー的に崩れはなさそうなので・・・

○Mドリームパスポート
長期休養明けも、昨年2着馬でサムソンには先着。
八分の力が出せれば、馬券圏内だろう。

▲Fペイパルブル
父はサムソンと同じサドラーズウェルズ系で、
欧州ナンバーワンクラスの種牡馬モンジュー。
母父ミスプロ系ということもあり、日本に向きそう。

☆Pハリカナサス
父ケープクロスは昨年3着馬ウィジャボードと同じで、
スピード競馬にも十分対応できる可能性を持つので。

△Cアドマイヤムーン
2400mはやや長いが、休み明けひと叩きの上昇度と
本来の能力から、上位は十分。
posted by こずえまにあ at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69021284

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。