2008年04月12日

混戦と言われる時は得てして・・・

13日、阪神ではクラシックの緒戦、桜花賞が行われます。
今年の3歳牝馬は重賞2勝馬が存在しない大混戦世代。
どの馬にもチャンスがあると言われていますが、
こういう時には、得てして人気通りに収まってしまったり・・・



◎Hリトルアマポーラ
唯一の敗戦も牡馬相手の重賞で、問題ない。
3歳春に強さを見せた父、底力のある母父リファール系で、
混戦だからこそ、力を発揮できる。

○Iトールポピー
同コースで阪神JFを制しており、コース適性で利。
父ジャングルポケットの阪神適性から2番手評価も、
現時点での力はナンバーワン。

▲Nレジネッタ
前走から距離は1ハロン長い感はあるが、
血統からは、相手なりに走るタイプで、ここでも。

☆Cマイネレーツェル
血統的に高速での決着は微妙も、
混戦でタイムが1分34秒台なら出番ある。

△Mルルパンブルー
実績はともかく、血統的にマイルは問題ないはずで、
前崩れの展開なら・・・

2008_0413_01.JPG
2008_0413_02.JPG
posted by こずえまにあ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93132983

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。