2005年12月26日

おしいでおわって・・・

2005年の競馬を締めくくる、中山9R有馬記念は、
ハーツクライがディープインパクトを押さえ、惜敗に終止符を打ちました。

20051225_3.bmp20051225_1.bmp
20051225_2.bmp20051225_4.bmp

☆1着Iハーツクライ
○2着Eディープインパクト
▲3着Mリンカーン
△6着Fヘヴンリーロマンス
△8着Bゼンノロブロイ
◎11着Nデルタブルース


今回は、ルメールJのファインプレーに尽きるでしょう。
まさか、道中を3〜4番手で回ってくるとは予想が出来ませんでした。
ディープインパクトをマークしての2着はあるとは思っていましたが。
これも、天皇賞・ジャパンカップに乗っていたからこそなのでしょう。
やっぱり、欧州のトップジョッキーは違いましたね。

1着と3着は、昨日も書いたとおり
SS×母父トニービンの配合です。
東京とローカル芝コースでの活躍が目立つトニービンの血ですが、
有馬記念はやっぱり別物でした。
ここだけは、威張っていいですよね。
posted by こずえまにあ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(2) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

プレゼントいろいろ

有馬記念を前に、公開しちゃいましょうるんるん

JRA_present1.JPG
右斜め上これは、有馬記念ファン投票で当たったプレゼント
 「B賞 デイパック」

ロゴを拡大目すると右斜め下JRA_present2.JPG
と、今日行われる第50回有馬記念の文字が

さらに

GreenChannel.jpg
右斜め上グリーンチャンネルのカレンダー

表紙は、ディープインパクトのパドックです。

今回は、こんなトコでかわいい
posted by こずえまにあ at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しんせいたんじょう

中山10R中山大障害はテイエムドラゴンがジャンプレース無傷の3連勝でJG1制覇。
定量となった現制度での、3歳馬の勝利は初。
ちなみに別定戦時代では、68年秋タジマオーザの勝利があります。

20051224_1.bmp20051224_2.bmp

☆1着Eテイエムドラゴン
2着Aメルシーエイタイム
3着Iメジロベイシンガー
◎4着Bテレジェニック
○8着Lチアズシャイニング
△10着Fギルデッドエージ
☆11着Cバローネフォンテン


アドマイヤベガはすでに亡くなっていますので、
今後の産駒次第では、唯一のGT勝ち馬となる可能性もあります。
そうならないためにも、ストーミーカフェやアドマイヤフジに頑張ってもらいましょうね。
posted by こずえまにあ at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なやんだんですが

阪神11Rラジオたんぱ杯2歳Sは、サクラメガワンダーが来年のクラシック戦線へ駒を進める勝利を得ました。

△1着Fサクラメガワンダー
2着Gアドマイヤムーン
☆3着Hヴィクトリーラン
◎4着Jアペリティフ
○7着Lニルヴァーナ
△9着Eマイネルスケルツィ

@マチカネゲンジが取り消して、馬券は印5頭の3連複BOXのみ。

教訓。

1番人気は買わなきゃダメですね。
posted by こずえまにあ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

じゅんえんがえいきょうしたのか?

中京11RCBC賞は、3歳馬シンボリグランが重賞初制覇。
来年の短距離界が楽しみになる逸材です。

1着Hシンボリグラン
2着Iカネツテンビー
◎3着@シーイズトウショウ
△5着Aマルカキセキ
☆6着Gギャラントアロー
☆10着Kゴールデンキャスト
○12着Jキーンランドスワン

馬券は◎○☆△の3連複BOXと◎○軸マルチ→☆の3連単。

パドックを見て、買う馬を変えましたが、どちらにしてもダメでしたね。
posted by こずえまにあ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

あいてはどれを

いよいよ、明日の中山9Rは有馬記念
今年の締めくくりは順当なのでしょうか、波乱なのでしょうか?


現時点での注目馬ひらめき&過去10年の傾向本

◎デルタブルース
父はSS系のダンスインザダーク。
母父ディキシーランドバンドは01年3着馬アメリカンボスの母父。

○ディープインパクト
SS。母父リファール系は父系で00年3着ダイワテキサスの好走例のみだが、この馬にはデータは関係ない。1着じゃなければ、馬券圏外でしょう。

☆ハーツクライ&リンカーン
SS×母父トニービンの配合。
リンカーンの03年2着から、血統的相性は悪くないのでしょう。

△オペラシチー
オペラハウスは00年覇者テイエムオペラオーの父。
母父のネヴァーベンド系は、父系として96年3着マイネルブリッジで穴を開けている。

△ゼンノロブロイ&スズカマンボ
父SS×母父ミスプロ系の配合。
ゼンノロブロイ以外の好走例がないだけに、疑問符をつけたいが。

posted by こずえまにあ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

けいけんがものをいう

中山10Rに行われる中山大障害
ファンには堪らない、年末の楽しみ。

現時点での注目馬ひらめき&過去5年の傾向本

※参考レースは、00年以降の中山大障害&中山GJの計11レースとしました

11レースとも、4100mor4250mのレースを経験している馬が必ず馬券に絡んでいる。
04年1月の大障害は3着のみだが、他の10レースでは連対があった。
ただし、3頭ともが経験ありというパターンはない。

◎チアズシャイニング
ノーザンダンサー系優勢のレースで、NDクロスを持つ配合。
春2着なら順番か。

○テレジェニック
父テスコボーイ系が冬2連勝中。
当馬も昨冬に距離を経験した。

▲ギルテッドエージ
02年の勝ち馬で、4100m以上のレース5回目という経験で。
母父ノーザンテーストは3年連続連対中。

△メジロベイジンガー
母父モガミはひと昔前に名障害馬をたくさん輩出。
血の復活はあるか?
posted by こずえまにあ at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しゅっせレースなので

阪神11Rで行われるのは、ラジオたんぱ杯2歳S
過去10年の勝ち馬のうち、4頭がGTホースとなっているほか、
負けた馬にもGTホースとなっている馬が出ている出世レースです。


現時点での注目馬ひらめき&過去10年の傾向本

近4年はSS系が連続連対中。

◎アペリティフ
エルコンドルパサー×母父SSは、昨年の勝ち馬ヴァーミリアンと同じ。

○マチカネゲンジ
SS。母父ウッドマンミスプロ系で、97年勝ち馬ロードアックスの父。

▲ニルヴァーナ
SSだが、母父ヌレイエフが1連対と微妙。良血なのはいいが。

△ヴィクトリーラン
ヴァイスリージェント系はクロフネの3着ある。
母父グレイソヴリン系は1着2回、3着1回ある。
穴候補で、3着ならあるか。

posted by こずえまにあ at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1しゅうのびて

中京11RのCBC賞は1週順延しての仕切り直し。
シルクトゥルーパー・ゴールデンロドリゴが出走せず、ディープサマーが出走。


◎シーイズトウショウ
○ゴールデンキャスト

▲ディープサマー
父タイキシャトル。母父サドラーズウェルズの重さが、中京でどうか?

▲→☆マルカキセキ
posted by こずえまにあ at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

ドラマチックなエンディング

阪神11R阪神牝馬Sアドマイヤグルーブが有終の美を飾る勝利を得ました。

△1着Dアドマイヤグルーヴ
2着Bマイネサマンサ
◎3着Iレクレドール
○4着Aラインクラフト
▲6着Cチアフルスマイル
△7着Gマルターズヒート

馬券は、◎○▲の3連単BOXと、◎○▲△の3連複BOX。

武豊Jに脱帽です。
こう、上手く乗られてはしょうがないです。
posted by こずえまにあ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこへいった?

中山11RフェアリーSダイワパッションが優勝。
3連勝での重賞制覇となりました。

1着Bダイワパッション
2着Cウエスタンビーナス
○3着@サザンビューティー
▲7着Fグリーンジュエリー
△8着Lエイシンアモーレ
△9着Kプラチナローズ
◎16着Mジョウノナンシー

馬券は印5頭を3連複BOXで買ってました。

4コーナー。
1頭だけコースを外れ、膨れていく。
それが、ジョウノナンシー
嗚呼もうやだ〜(悲しい顔)

買ったサザンビューティーは父ミスプロ系。
2着のウエスタンビーナスは母父がSS

・・・選ぶ馬が悪い、と。
posted by こずえまにあ at 23:09| Comment(1) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

なんかいだ

明日の中京11RはCBC賞
来年からはGVに格下げとなるので、GUで行われるのは今年が最後。
確かに、出走する馬のレベルからしたら、仕方のないことですね。


現時点での注目馬ひらめき&過去10年の傾向本
(小倉で行われた99年は除く)


年齢・性別に偏りはないのですが、同じ馬が馬券に絡むことが珍しくありません。
過去10年で4頭の例があります。
日本ではマイナー血統である馬の活躍が目立ちます。

◎シーイズトウショウ
03年の優勝馬。マサラッキの96年3着→98年1着例があるので、1年空いても大丈夫でしょう。
母父はリュティエ→トウルビヨンにつながるマイナー系。

○ゴールデンキャスト
父タイキシャトルはSSと同じヘイロー系だが、
SS系以外の種牡馬は数少ない。
母父ニジンスキー系は01年優勝馬リキアイタイカンがいる。

▲マルカキセキ
フジキセキ×母父ミスプロ系は02年2着テンシノキセキがいるが、夏向きの血統でもあるので。

あとは、パドックで・・・。
posted by こずえまにあ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はなみちをかざれるか

明日、阪神11Rで行われる重賞は、阪神牝馬S。
昨年の勝ち馬ヘヴンリーロマンスは今年、天皇賞を制覇するほどになりました。


現時点での注目馬ひらめき&過去10年の傾向本

兎に角、SS系が強いレースです。
ここ10年の3着以内30頭のうち、17頭がSS系で占められています。
特にここ4年は2頭以上が絡んでいますが、すべて父系です。
3着までの馬齢は、3歳14頭、4歳11頭、5歳5頭。
ここ6年は4歳馬が6連勝中です。

◎レクレドール
SS産駒の4歳馬なので。
母父ファイントップ系が微妙ですが、父系としてはティコティコタック(00年3着)があるので。

○ラインクラフト
相性の良い3歳馬から、母父SS系のこの馬を。
ライラプスも母父SS系ですが、ヴァイスリージェント系は馬券に絡んだことがないので。

▲アドマイヤグルーヴ
引退レースというのでイマイチ買いづらいのですが、
SSと今までの実績から。

△チアフルスマイル
SSなので。

△マルターズヒート
父系であるボールドルーラー系は、父系で1勝&母父系で2勝3着2回と相性良い。
posted by こずえまにあ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここだけをかんがえてチョイス

明日の中山11Rには、2歳牝馬限定重賞のフェアリーSが行われます。
どちらかといえば、早熟馬が活躍する感の強いレースなので、
将来性などを考えずに狙うのが良いのでしょう。
01年のブルーリッジリバー(桜花賞2着)のように例外もありますが。


現時点での注目馬ひらめき&過去10年の傾向本

父系はミスプロ系が3年連続馬券圏内に、SS系は過去5年で5頭が馬券圏内に入っている。
ここ3年はヴァイスリージェントの血を持つ馬が父系1頭、母父系2頭、馬券圏内に。
それを踏まえて。

◎ジョウノナンシー
フレンチデピュティはヴァイスリージェント系、母父はSS
シーズグレイスは95年フェアリーS2着。

○サザンビューティー
クロフネはヴァイスリージェント系。
母父はミスタープロスペクター

▲グリーンジュエリー
ミスプロ系×母父ノーザンダンサー系は、
03年2着ホシノピアス、02年1着ホワイトカーニバルと穴を開けている。

△プラチナローズ・エイシンアモーレ
阪神ジュベナイルフィリーズ出走組は、1〜2勝馬に好走歴あり。

過去10年では、1勝馬9連対、2勝馬10連対、3勝馬1連対。
前走は、阪神JF(旧レース名含む)8連対、福島2歳S2連対、エーデルワイス賞1連対、500万下8連対、新馬1連対、未勝利1連対。



posted by こずえまにあ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

こういううまがかつとは

阪神11R鳴尾記念は大波乱exclamation
単勝10番人気のメジロマントルが逃げ切りました。
メジロマントルは3歳時には未勝利を勝ちあがれずに、
高崎へ転出した経緯のある馬。
昔ならば、JRAに戻ることが許されなかったケースです。
現在のシステムに改良されたからこそ生まれた重賞ウィナーですね。


△1着Gメジロマントル
△2着Dカンファーベスト
3着Fキョウワスプレンダ
◎4着@トウカイトリック
☆6着Jコイントス
△7着Lヤマニンシュクル
○8着Kワンモアチャッター
▲13着Hボーンキング

◎○▲☆の3連複BOXと、◎○→△の流し、
◎○→▲☆の3連単2頭軸マルチを買ってました。

確かに、血統的には1着も2着も買えないことはないんですよ。
メジロマントルは昨日も書いたし。
でも、軸にはしづらいたらーっ(汗)


posted by こずえまにあ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなおさなければいけない

中山11Rの朝日杯フューチュリティSはフサイチリシャールが快勝。
クロフネ産駒は初年度にしてGT制覇を成し遂げました。
福永Jは99・02年に次ぐ3度目の勝利です。

20051211_1.bmp20051211_2.bmp

▲1着Kフサイチリシャール
2着Dスーパーホーネット
○3着Fジャリスコライト
◎5着@ダイヤモンドヘッド
△8着Cアポロノサトリ
△9着Nエムエスワールド

惨敗ですなダッシュ(走り出すさま)

武豊Jはこのレースの相性が悪いですねぇ。
やっぱり、勝ってないGTのひとつなだけあります。

ウチパクJ、上手いですひらめき
posted by こずえまにあ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

データがあてはまらない・・・

明日、阪神11Rには、鳴尾記念が行われます。
歴史の長いレースですが、この時期に移ってからは6年目となります。


現時点での注目馬ひらめき&過去5年の傾向本

実は、血統的にピッタリ当てはまる馬がいませんあせあせ(飛び散る汗)
だけど、◎を打たないわけにはいかないので。
明日はパドック重視かな?

◎ボーンキング
SS×母父ND系ですが、サドラーズウエルズの血は好走例ない。でもこの1頭しか該当馬がいないダッシュ(走り出すさま)

△メジロマントル・△エイシンチャンプ
ミスプロ系×母父ND系の配合。
このレースとの相性良さそうだが、すでに峠を越えてる馬のようなあせあせ(飛び散る汗)

△トウカイトリック
父エルコンドルパサーはミスプロ系。
2・3着ならあるかもしれないので。上記2頭よりは可能性ありそうな気も。

過去5年、牝馬が3着以内に入ったことはない、というか出走が1頭のみ。
00年のマルカコマチで8着。

posted by こずえまにあ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あしたのれるのかな?

明日の中山11Rに行われるGTレースは、朝日杯フューチュリティS。
2歳のチャンピオン決定戦です。

今回のレース、どうも3強と言われているらしいです。
3強の場合、その2頭で決まる場合が多いというのは、馬連の話。
3着まで広げると、穴馬の台頭もあるかもしれません。


現時点での注目馬ひらめき&過去10年の傾向本

◎ダイヤモンドヘッド
1着になるとは言えませんが、血統的な結論では、この馬。
サンデーサイレンス(SS)直仔は4連対ですが、そのいずれも、母父ノーザンダンサー(ND)系となっています。
今回の該当馬はこの馬のみ。父SS×母父ダンチヒは、00年2着馬タガノテイオーがいます。

○エムエスワールド
父ステイゴールドはSS産駒。父SS×母父マルゼンスキーは2連対ありますが、直仔でない分、評価はここに。

▲アポロノサトリ
コジーン産駒では、98年にアドマイヤコジーンが優勝。母父ND系と配合も近いです。

☆ジャリスコライト
3代父ブラッシンググルームは、母父として2年連続連対中。
母父は前述したダンチヒの仔。

△フサイチリシャール
SS系はこのレースの相性良いが、母父では連対ない。
父系は大きく分ければND系だが、連対ある系統ではなく、正直判断しづらい馬で。

−ショウナンタキオン
母父トニービンはこのレースとの相性悪い。
ラジオたんぱ杯2歳Sなら狙いたい血統・・・
posted by こずえまにあ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かすってるが

中京11R中日新聞杯は、サニーブライアン産駒のグランリーオが勝ち、柴山JがJRA重賞初制覇を成し遂げました。

△1着Gグランリーオ
◎2着Oダンスインザモア
3着Hカナハラドラゴン
○5着Iトップガンジョー
△16着Nスターイレブン

馬券は前日通りにした◎○から2頭軸3連複総流し&パドックで良く見えた△2頭軸に◎○へも押さえました。

トップガンジョーが、粘りきれませんでしたねたらーっ(汗)

結果論ですが、昨日書いた、
過去5年は、父か母父がSS系の馬1頭と、父か母父がND系の馬1頭で決まっている。
の通りだったんですよ。
ちなみにこの組み合わせは8通りしかありませんでした。

嗚呼・・・もうやだ〜(悲しい顔)
posted by こずえまにあ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆいいつのまるちちじゅうしょう

中京11Rで、唯一の父内国産馬限定重賞である中日新聞杯が行われます。

愛知杯が牝馬限定重賞となり、カブトヤマ記念福島牝馬Sと名が変わり、牝馬限定重賞へ。
サンデーサイレンス(SS)の仔が続々と種牡馬として活躍することで、ローカル色豊かな重賞が姿を消す。時代の流れを感じます・・・



現時点での注目馬ひらめき&過去10年の傾向本

◎Oダンスインザモア
過去5年、父父or母父にSSの血の入った仔が連対。
母父のネヴァーベンド系は、昨年2着のメイショウバトラーの父系。

○Iトップガンジョー
マヤノトップガン産駒は2頭で3年連続連対中。
母父グレイソヴリン系は2連対で、父系でも勝利例あり。

▲Eメイショウオスカル
フジキセキ産駒は2連対、アンバーシャダイ産駒も2連対あるが、
SS系×ノーザンダンサー(ND)系配合の連対がないので。

☆Fニシノシタン
3代父テスコボーイは父系・母父系合わせて4連対。
テスコボーイ×ボールドルーラー系は、逆なら98年2着のテイエムオオアラシに。

△Jホッコーパドゥシャ
マヤノトップガン産駒だが、母父のニジンスキー系が、
ツルマルガイセン(2連対)以外、あまり相性良くなく。


その他、過去10年の特徴
過去5年は、父か母父がSS系の馬1頭と、父か母父がND系の馬1頭で決まっている。
前述している通り、SS系×ND系の馬の連対はない。
今年は、SS系×ND系5頭、SS系×ND系以外2頭、
ND系×SS系以外4頭、どちらも持たない馬5頭。

牝馬の連対は3頭(95・01・04)。


あとは、パドックを見て、決めましょう♪
posted by こずえまにあ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。