2007年05月12日

おんなのいっせんも2ねんめ

13日、東京では牝馬のマイル女王決定戦ヴィクトリアマイル
が行われます。
昨年は名牝ダンスインザムードが制しましたが、
今年、戴冠するのはどの馬になるのでしょうか。



◎Aディアデラノビア
昨年3着も、今年は1・2着が不在。
名手岩田Jが手の内に入れた今、勝つならここか。

○Mアドマイヤキッス
GIでワンパンチ足りないのは母父ジェイドロバリーの影響か。
それでも堅実に走るタイプで、馬券になる可能性高い。

▲Eカワカミプリンセス
血統的にマイルは問題なく、実質無敗馬ではあるが、
休み明け、乗り替わり、距離短縮と不安点も多い。

☆Oデアリングハート
血統的に東京のマイルが一番合うタイプのはずだが、
メンバー強化の今回、能力が足りるかどうか。

△1Lコスモマーベラス
昨年4着だけに、コースは適しているだろう。
前走は休み明けだけに、今回が能力発揮の場。

△2Fスイープトウショウ
実力的には最右翼だが、末足不発もあるので、押さえ程度で。


2007_0513_01.JPG
2007_0513_02.JPG
posted by こずえまにあ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

とくいせいのあるレース

12日、東京では京王杯スプリングカップ
京都では京都ジャンプステークスが行われます。



京王杯スプリングカップ
1400mのレースに良く見られる、
スペシャリストが活躍するレース。
1200mや1600mの成績を無視してみるのも一考か。


◎Lインセンティブガイ
阪急杯の大敗は気になるが、昨年の2着馬でもあり、
強気に狙ってみる。

○Hプリサイスマシーン
この馬こそ1400mのスペシャリスト。
乗り替わりがどの程度影響するか。

▲Jオレハマッテルゼ
衰えが出てきているが、昨年59kgで制しているレース。
今年も好走できるか。

☆Nピカレスクコート
1400m合うが、前走の好走が本格化なのか、
それとも反動が出るか、未知の部分多く・・・

△Eマイネルスケルツィ
短い距離は堅実に走るので、どの着順まであるかが・・・。


京都ジャンプステークス
3170mというジャンプ重賞では短い距離で、
直線は芝コース。
スタミナよりもスピードや瞬発力が鍵となる。


◎Kハイヤーザンヘブン
軽めの血統に、恵まれた斤量。
按上が力を引き出すことができれば、頭まである。

○Hファントムスズカ
コース適性は一番ありそうだが、
中山グランドジャンプの疲れが懸念材料で・・・

▲Fキングジョイ
短めの距離が合い、今回は按上も強化。
十分、馬券になる。

☆@ポートエレガント
未勝利を勝ち上がったばかりだが、
血統合い、斤量と按上も魅力。

△Dメイショウイグアス
近走振るわないが、ナンバーワンクラスの按上に手が戻る。
一発あるかも。
posted by こずえまにあ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(1) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

こうしんおくれたけど

6日、東京では3歳マイル王決定戦NHKマイルカップ
行われます。
本命馬不在の大混戦を制するのは、果たして・・・



◎Lダイレクトキャッチ
レース間隔は気になるが、血統合い、
前走1800mというのも良い。

○Oシャドウストライプ
前走の敗戦はむしろ妙味があってよい。
血統的に中山の芝向きではないので、東京なら。

▲Hワールドハンター
ダート向きな血統背景だが、前走からここでも面白そう。

☆Iローレルゲレイロ
血統的には中山のマイルの方が良さそうだが、
能力高く、馬券圏内なら。

△1Pダノンムロー
1600mは微妙に長いが、コース合うのと按上で。

△2Jトーホウレーサー
本来的には2000mぐらいの方が良い血統だが、
このレースはそういう馬が好走することも度々あるので。
posted by こずえまにあ at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

けっとうのかたより

5日、京都ではダービー出走権を賭けた京都新聞杯が、
新潟では、古馬のハンデ重賞新潟大賞典が行われます。


京都新聞杯
サンデー系が幅を利かせているレース。
2200mだが、ややステイヤー寄りの感がある。


◎Iサンライズベガ
未勝利を勝ち上がったばかりも、距離合いそう。
デビュー2戦目でレースに対応できれば。

○@クレスコワールド
ホワイトマズル産駒で距離延長良い。
京都コースがどうかも、相手弱化で上位へ。

▲Nフェルヴィード
京都2200mは適性未知数も、
阪神2400mで好走例あるなら。

☆Eアグネスマクシマム
芝コースでのスピードが足りない可能性あるが、
血統からは好走して不思議はない。

△Kスマートトリック
父の血が強ければ、好走も・・・


新潟大賞典
同じ新潟コースでも新潟記念よりはややパワー型に寄る。
ただし、トニービンの相性の良さは変わらず。


◎Hエアセレソン
血統からは平坦大歓迎。
距離は2000mなら、なんとかなりそう。

○Oニホンピロキース
昇級戦も、血統的な相性良く、
昨年夏の重賞成績から引けはとらない。

▲Bフォルテベリーニ
中京記念3着なら、十分狙える。
血統的には坂があったほうが良さそうだが。

☆Nシルクネクサス
中京記念ほどのパフォーマンスができるかは疑問だが、
能力で凌駕する可能性も。

△Fマイネルレコルト
血統的には良さそうだが、それ以前の問題もあり・・・

posted by こずえまにあ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひさびさのこうしんで

私的にはあまり関係のないことなのですが、世間はGW。
友人を訪ねて台北へ旅し、その後東京で数日滞在。
すっかり更新が滞っていました。

今回は、毛色の違った話題を。

東京で見た「アイドリング!!!日記」(フジテレビ)に
日本プロ麻雀連盟の和泉由希子プロが講師で出ていました。
この番組はCS放送のダイジェスト版らしいので、
フジテレビのオンデマンドをチェック。

和泉プロはあまり画面には登場していませんでしたが、
麻雀初心者であるアイドルが卓を囲み、
上がって大喜びしている姿に、何か新鮮さを感じました。

やっぱり、麻雀の底辺を拡大するには、
こういった番組(企画)が不可欠なのではないかなと思います。
posted by こずえまにあ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | まぁじゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

おやのちをひく・・・

15日、中山では牡馬クラシック第1弾皐月賞が行われます。

有力馬の父が、01年のクラシックで活躍していたことから、
懐かしく思うファンも多くいると思います。
果たして、歴史は繰り返すのか、結果が楽しみです。


ちなみに、01年は・・・
皐月賞 アグネスタキオン・・・産駒JN
ダービー ジャングルポケット(皐月賞3着)・・・産駒@
菊花賞 マンハッタンカフェ・・・産駒IQ



◎@フサイチホウオー
明らかにダービー向き血統だが、
父が同じローテーションで3着。
01年ほどのレベルではない今年なら、3着以内は堅そう。

○Qココナッツパンチ
前走果敢に挑戦した弥生賞で2着。
今回は上がり目が見込めそうで、十分勝負になる。

▲Pヴィクトリー
大舞台で結果を出せる血統構成で、
前走のレベルはともかく、一発あるかも。

☆Kアサクサキングス
血統から、速いタイムへの対応には疑問が残るが、
中山が合いそうで、距離も心配ない。

△1Nアドマイヤオーラ
血統からは走っても不思議はないが、
昨年のアドマイヤムーンとダブる部分多く、信頼はできない。

△2Fサンライズマックス
相手なりに走る父親の特性を受け継いでいそうで、
このメンバーでも上位あるかも。


posted by こずえまにあ at 01:21| Comment(4) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

けっとうで、はかれるのか

14日、中山では外国馬が参戦するJGIの
中山グランドジャンプが、
阪神では春のマイル戦線を占う読売マイラーズカップが、
行われます。



中山グランドジャンプ
外国馬が参戦するレースとしては、ジャパンカップ以上に
難解なレース。
字面の血統背景だけで推し量るのがベターとは言えず、
当日のパドックで状態を確認して決めたいところだが・・・


◎Cメルシーエイタイム
近走から力をつけているのは間違いない。
今や障害のトップジョッキーとなった鞍上で、上位必至。

○Hカラジ
前走からは衰えを感じない。
距離延長は間違いなくプラスで、3連覇も。

▲Eストームセイコー
血統的に推したいのはこの馬。
鞍上がきちんと御せることができれば、一発も。

☆Jテレジェニック
年齢とともにキレがなくなっている分、この距離良い。
堅実なタイプで、馬券には加えたい1頭。

△Iノーヒーロー
前走はともかく、日本向きの血統。
未知数な面多いが、タフなレース展開なら。


読売マイラーズカップ
一昨年までとは一変し、昨年はGI級の馬が上位に。
ヴィクトリアマイルの創設が流れを変えたか。


◎Mエイシンドーバー
阪神マイルはベスト条件。
安田記念はコース微妙も、ここなら頭もある。

○Fアドマイヤキッス
阪神コースなら、2000mよりマイルが合いそう。
あとは牡牝混合の流れが合うかどうか。

▲Iマイネルスケルツィ
阪神ならベストは1400mと見るが、
相手関係から、馬券になる可能性は十分。

☆Cエアシェイディ
昨年の勝ち馬ダイワメジャーと同じ父・母父だが、
本来は阪神向きではない血統。
相手なりに走るので、軽視はできないが。

△Dローエングリン
過去3連対しているレースで、買わなければいけない馬。
前走の反動が心配ではあるが・・・
posted by こずえまにあ at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

ほんとうに3きょう?

8日、阪神ではクラシックの幕開け、桜花賞が行われます。
近年稀に見る高レベルの馬がいるのですが、
線引きをどこでするかが、鍵となりそうです。


正直、3着ならどの馬にもチャンスがありそうなので、
総流しを保険にして、印以外の高配当も狙うつもりです。


◎Mウオッカ
血統を凌駕する高レベルの馬。
距離はマイル以上なら問題なし。
展開に拘らず、連対は外さないと見る。

○Qダイワスカーレット
距離適性は1400m〜2200mなら能力発揮。
配合的に、桜花賞では勝ち切れない可能性大だが、
能力高いので、展開次第では頭も。

▲Bカタマチボタン
父・母父ともに厳しい流れ向きの血統。
凡レースにならなければ、3着は十分ある。

☆Pエミーズスマイル
前走のレベルは決して高くないが、
桜花賞向きの血統だけに入着なら狙える。

△Dレインダンス
チューリップ賞以外のトライアルが疑問で、
チューリップ賞どおりの決着も考えても良さそう。

20070408_00.jpg
posted by こずえまにあ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイルてきせい

7日、阪神ではヴィクトリアマイルへの前哨戦である
阪神牝馬ステークスが、中山ではNHKマイルカップへ
向けた一戦のニュージーランドトロフィーが行われます。


阪神牝馬ステークス
昨年から時期が移行したレース。
昨年は実績馬が順当に1・2着したが・・・


◎Dディアデラノビア
中距離路線を使われてきたが、血統的にはマイラー。
1400mへの短縮は問題ないと見る。

○Gブルーメンブラッド
1400mはベストではないが、京都よりは阪神向き。
前走勝ちから、ここなら勝負になる。

▲Fシールビーバック
母父からダート色濃いが、距離は合う。
荒れた馬場も合うはずで、他の馬が苦労すれば上位も。

☆Iサウスティーダ
格下だけにこの斤量は不利だが、距離短縮良いはずで、
素質から上位に来ても良い。

△Bアサヒライジング
マイルでも短い馬で、この距離は合わないが、
メンバー軽いだけに・・・


ニュージーランドトロフィー
同じ距離ながら、求められる適性が違うNHKマイルCは
考慮に入れない方が良いかも。
マイル適性よりは能力の高さが重要か。


◎Nマイネルレーニア
中山向きではないが、メンバー軽い。
昨年勝ち馬と同じグラスワンダー産駒で、当然上位。

○Eトーホウレーサー
距離短縮はプラスではないが、中山は合いそう。
前走で芝適性示し、ここは上位も。

▲Gシベリアンバード
ダートよりの血統はスプリングSに合わないので、
前走の大敗は問題ない。ダート血統合うこのレースなら。

☆Oムラマサノヨートー
前走は恵まれた感あり、能力には疑問も、
血統的には合うので、押さえてはおきたい。

△Aグレイトフルタイム
距離が鍵だが、血統は合う。
将来的にはダートの方が良さそうだが、ここなら上位も。


posted by こずえまにあ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

GIはかいがいで

1日、阪神では産経大阪杯
中山ではダービー卿チャレンジトロフィーが行われます。



産経大阪杯
以前は天皇賞へのステップレースともなっていましたが、
最近は中距離馬の腕試しの場という感じです。
休み明けの実績馬と冬に使ってきたオープン馬の比較が
難しいレースです。


◎Iシャドウゲイト
近走を見ると力をつけているのは間違いない。
このレースに抜群の相性のサンデーが母父に入り、
血統的にも推せる一頭。

○Cホッコーソレソレー
2000mへの距離延長は歓迎ではないが、
阪神コースの適性高く、ローテ良い。

▲Bメイショウサムソン
実績は最右翼も、阪神コースは歓迎ではない。
能力高いだけに、この相手なら圧勝もあるが。

☆Eメイショウオウテ
血統的には合うはずだが、道悪は合わないだろう。
どの程度の馬場になるかで走りも変わりそうで。

△Fトリリオンカット
血統的には道悪歓迎で、馬場悪化なら連対まである。

20070401_01.jpg
20070401_02.jpg
20070401_03.jpg

ダービー卿チャレンジトロフィー
ハンデ戦のGVだけに、あと一歩の馬が届くレース。
前走惨敗からの巻き返し多いのも特徴のひとつ。


◎Gインセンティブガイ
昨年好走のエンドスウィープサンデーの配合。
ローテも申し分なく、久々の勝利もあるか。

○Lダンスインザモア
長いスランプから脱出したが、この戦績でトップハンデ。
頭まではどうか。

▲Iピカレスクコート
血統的に中山での重賞レースは微妙も、
ハンデ手ごろで、十分勝負になりそう。

☆Aサイレンスプライド
前走勝ちからスケール感あるが、
血統的には中山向きではなく、2走ボケも怖い。

△Hグレートジャーニー
近走不振も、良血馬と乗れる地方ジョッキーで、
一発が怖い。

posted by こずえまにあ at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

こんせんからぬけだすのは?

25日、中京ではスプリントGI高松宮記念
中山ではダート重賞マーチステークスが行われます。
いよいよ春のGIが開幕ですが、
主役不在の混戦を抜け出すのはどの馬でしょうか。



高松宮記念
5月開催の頃はサンデー系に向かなかったが、
近年は毎年のように連対。
純粋に1200mの適性を考慮した方が良さそう。


◎Fスピニングノワール
血統的にムラ馬タイプも、1200mの適性高い。
短距離GI強い鞍上で、ここは狙い目。

○Kエムオーウイナー
昇級初戦のGVをあっさり突破し、勢いあるが、
人気馬で凡走ある鞍上だけに、全幅の信頼は・・・

▲Gスズカフェニックス
距離経験は乏しいが、素質高く、脚質も向く。
今年不振の鞍上も、GIなら怖い。

☆@シーイズトウショウ
実績ナンバーワンだが、GIではあと一歩なのは、
母父の血か。でも、押さえは必要。

△Bサチノスイーティー
GIを勝ちきるだけの血統的な底力はないが、適性はある。
混戦だけに、上位もあるか。


マーチステークス
中央向きのスピードが必要な重賞。
前走惨敗からの巻き返しが多いのは、
適性が必要ということで。


◎Hスナークファルコン
前走の惨敗は適性の違い。
ミスプロの同系配合から来る、
融通の利かない1800m向きの馬かも。

○Lビッググラス
マイル以下を中心に使われているが、
血統構成からは1800mは問題ない。

▲Dトーセンブライト
配合からはマイルがベストの感あるが、
過去の好走馬を見る限り、このレースに相性が良さそうで。

☆@シーチャリオット
血統的には一番合いそうだが、
中央初参戦でスピードについていけるかどうか。

△Fツムジカゼ
仁川S好走馬がここでも上位に来る例多いが、
今年から仁川Sの距離が変わったため、疑問も・・・
posted by こずえまにあ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

はらんおおいレース

24日、中山では日経賞、阪神では毎日杯が行われます。
GIへの出走キップを手にするのはどの馬でしょうか。


日経賞
2500mながら、あまり長距離適性を問われない傾向。
有馬記念直行組がいない今年は勢いある馬を考慮に。


◎Iネヴァブション
このコース得意で、天皇賞では距離の不安あるだけに、
狙うならここ。

○Bアドマイヤタイトル
準オープンからのステップで数々の馬が好走しており、
格は問題ない。中山合う血統で、十分足りる。

▲Dマツリダゴッホ
距離延長は歓迎ではないが、中山1800mと2200mの
好走から2500mの適性はあるはずで。

☆Jトウショウナイト
格上の存在だが、血統的に中山では甘さがでる。
馬券になる可能性は高いので、相手の1頭で。

△Fエリモエクスパイア
ステイヤー血統で、厳しい展開なら好走も。

20070324_01.jpg
20070324_02.jpg

毎日杯
外国産馬がトライアルに出走できることになったことで、
単なるGV化。
皐月賞への関連性は薄くなりそうだが、
叩き台としては良いのかもしれない。


◎Cブラックオリーブ
母父に入るマイナー血統が、このレースに合いそう。
中山向きではないので、2走前の敗戦は問題なし。

○Jクレスコワールド
戦ってきた相手が軽いだけに、実力未知数だが、
血統的には合う。

▲Fヒラボクロイヤル
堅実性あるが、1800mでは勝ちきるのは難しいか。

☆Eウィルビーキング
2000m時代は好走例多かったロベルト系だけに
穴馬としては面白そうだが、平坦・ダート向きかも。

△Iナムラマース
叩き台なのは目に見えてるだけに、
6〜7分の力でどうなのか・・・
posted by こずえまにあ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

かくがいないことしは・・・

18日、阪神では天皇賞へ向けての前哨戦阪神大賞典
中山では皐月賞トライアルスプリングステークスと、
春のGIに向けた重要なレースが行われます。


阪神大賞典
トップホースが参戦した場合は、
血統に係わらず上位に来ることが多いが、
天皇賞以上にステイヤー適性が求められる舞台でもある。


◎Iアイポッパー
このレース2連覇したナリタトップロードなど、
数々のステイヤーを送り出している父サッカーボーイ。
一昨年2着で適性を示しており、今年は中心で。

○Fトウカイトリック
昨年2着で、順当なら今年も馬券になる可能性大。

▲Gコスモプロデュース
父・母父から、ステイヤー配合なのは間違いない。
厳しいレースになれば連対圏内もある。

☆@デルタブルース
長距離実績はことしのメンバーでナンバーワン。
ただし、斤量と衰えが懸念されるので・・・

△Aドリームパスポート
配合的には中距離向きだが、菊花賞2着ある。
スタミナを求められない展開なら、当然上位だが。

20070318_01.jpg


スプリングステークス
皐月賞トライアルながら、あまり直結はしないレース。
絶対能力を取るか、適性を取るか・・・


◎Gフェラーリピサ
異例のローテも、絶対能力高い。
新馬戦の走りから芝適性は問題なく、懸念は乗り換わりだけ。

○Hシベリアンバード
血統的にはダート寄りだが、この時期なら問題ない。
あまり実績のない厩舎なのが心配だが。

▲Bスクリーンヒーロー
芝適性は未知数だが、血統的には向きそう。
トリッキーな1800mなら面白い。

☆Jマイネルシーガル
能力高いが、血統的に1800mは合わず、
本賞金多いだけに、本気度も疑問で・・・

△@フライングアップル
良くも悪くも相手なりのタイプのようで、
道悪ならば楽しめそうだが、良馬場なら頭は難しそう。
posted by こずえまにあ at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

しゅっせレース

17日、中山では桜花賞への最終キップを賭けた一戦、
フラワーカップが行われます。
数々のGI馬を生み出してきたレースでもあり、
ここでの上位入線馬は先々まで注目したいですね。



◎Lアルビアン
キャリアの浅さは気になるが、
グレイソヴリン系が合うレースで、潜在能力に期待。
将来的にはマイラーでも、ここなら距離は持つと見て。

○Mクラウンプリンセス
マイルよりは1800mが合いそうな血統で、
東京よりも中山向き。
前走には目をつぶって・・・

▲Oエゾノダイセツ
中山の適性は疑問も、前走から完成度高い。
名手の腕で3着までに持ってくる可能性も。

☆Cクロコレーヌ
小倉で1800mを勝ってはいるが、
本質的にはもっと距離が欲しい。
ただ、前走マイルで7着なら、ここでは足りるかも。

△Dショウナンタレント
能力は高そうだが、血統的にはマイル以下が良い。
能力で距離をこなせるかどうか。
posted by こずえまにあ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

そんなにたんじゅんには?

11日、阪神では桜花賞トライアルフィリーズレビュー
中山では中山牝馬ステークスが行われます。



フィリーズレビュー
桜花賞への直結度はそう高くなく、
阪神1400mの適性がものをいうことも度々。
ただ、能力が高ければ、素直に買うのも手か。


◎Kアストンマーチャン
父アドマイヤコジーンから、1400mがぴったり。
人気でもこの距離なら逆らえない。

○Gニシノマナムスメ
父アグネスタキオンの阪神適性は微妙も、
完成度と距離適性から、無理に勝ちに行かなければ、
3着以内なら十分。

▲@ルミナスハーバー
距離適性では上記2頭には劣るも、阪神は合う。
2着争いか。

☆Eタケイチゼット
3頭とは差がありそうだが、血統的にコース合う。
波乱なら、3着の可能性も。

△Aシュガーヴァイン
母ビハインドマスクだけに、完成はまだ先だろうが、
良血馬だけに、一気に能力開花の可能性も。


中山牝馬ステークス
以前にも書いたが、スペシャリスト性の高いコース。
適性は1600mや2000mよりも2200mが近い。


◎Eサンレイジャスパー
同じグレイソヴリンの同系配合を持つヤマニンアラバスタ
が昨年3着しただけに、適性はあると見て。

○Fアサヒライジング
コースは有利とも不利ともいえない。
堅実に走るタイプで、馬格から斤量も問題ない。

▲Iアクロスザヘイブン
父フジキセキからコースは合うはず。
京都牝馬Sよりは好走できると見て。

☆Lマドモアゼルドパリ
ローカルの方が良いかもしれないが、
京都での好走から、予想以上に力をつけている可能性も。

△Gピアチェヴォーレ
スピード負けする京都よりは、中山の方が良い。
ターコイズS以上のパフォーマンスを期待して。


posted by こずえまにあ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

しょうがいのJGひょうきは?

10日、阪神では中山GJに向けての前哨戦
阪神スプリングジャンプが、
中京では、時期が変わって2年目のファルコンステークス
が行われます。


阪神スプリングジャンプ
中山GJよりも長距離血統が強い傾向のレース。
他の特徴としては、平地では多いノーザンダンサーの同系配合が
鬼門となっていることか。


◎Jノボリハウツー
昨年1・2着の父サンデー系産駒。
前走の落馬は見習い騎手の騎乗でもあり参考外。

○Kアドマイヤホープ
前走の勝ちっぷりからここでも通用。
血統的には悪くないが、直線が芝だけに今回は2番手で。

▲Cアグネスハット
血統合い、直線芝の今回は頭まであるかも。

☆@コウエイトライ
血統的には合っていないが、重賞2勝含む3連勝中。
斤量軽く、メンバー的に買わなければいけない1頭。

△Gマチカネリュウセイ
血統は合っているのだが、前走未勝利勝ちの8歳馬。
高望みは酷か。


ファルコンステークス
6月開催だった頃は、決して合っているとは言えなかった
サクラバクシンオー産駒
今回は有力馬が多数出走しているが、
昨年の3着をどう判断するか・・・


◎Jキングスベリー
血統的に一番合っているのはこの馬。
あとは力が足りるかどうか。

○Kダノンムロー
中日スポーツ賞4歳Sの頃に好走多かった血統。
合っているはずだが、近年意外と不振で・・・

▲Aサクラゼウス
バクシンオー産駒では、母父シアトルスルーで
平坦でも対応できそうなこの馬を1番手で。

☆Cアドマイヤホクト
実績あるだけにバッサリとはできないが、
平坦向きとはいえない血統だけに・・・

△Iニシノマオ
フェアリーS3着も、牡馬相手では足りないかも。
血統的には悪くないが。
posted by こずえまにあ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

2きょうたいけつのばあい・・・

4日、中山では皐月賞の優先出走権を賭けた弥生賞が、
中京では中距離ハンデ重賞中京記念が行われます。



弥生賞
多くのクラシックホースを生み出しているレースも、
近年は勝ち馬がクラシックで苦戦することもしばしばで、
完成度も重視したいところ。


◎Cアドマイヤオーラ
父母ともに早くから活躍した血統で、すでに完成の域に。
05年2着アドマイヤジャパンに近い感じで。

○Aメイショウレガーロ
前走のレースレベルは高いとはいえないが、
皐月賞はともかく、血統的に合うここなら勝負になるかも。

▲Fドリームジャーニー
父・母父ともに長距離で活躍した名馬だが、
産駒を見る限りはマイラーの可能性も否定できない。
2000mなら距離が持つかもしれないのでこの評価で。

☆Iモチ
距離はぴったりだが、平坦が良さそうで、
坂で止まる可能性も否定できない。
ただし、気持ちよく逃げると粘るかも。

△Mタスカータソルテ
正直、血統構成も強さも未知数の部分多いが、
こういう馬は押さえなければならない。


中京記念
昨年はサンデー系が1〜3着を独占。
傾向が変わったのか、昨年だけ特殊だったのか・・・。


◎Gシルクネクサス
血統は本来の中京なら合う。
京都記念大敗からの巻き返し例多く、妙味あり。

○Fマチカネオーラ
昨年の勝ち馬。
転厩と乗り代わりがどう影響するか。

▲@ローゼンクロイツ
コース合わない近走の大敗は問題ない。
得意の中京なら頭まである。

☆Dテイエムプリキュア
血統的な適性は1・2を争うが、
結果が出ていないだけに終わっている可能性もある。

△Cワンモアチャッター
前走の大敗が腑に落ちないが、もともとは上位の存在。
平坦向くだけに、いつ巻き返しがあっても・・・
posted by こずえまにあ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

さきをみすえて

3日は、GIを見据えた2重賞。
阪神では桜花賞の優先出走権を賭けたチューリップ賞
中山では高松宮記念の前哨戦、オーシャンステークス
が行われます。


チューリップ賞
過去を見る限りはサンデー系が強い重賞。
前走にどういうレースを使ったかもポイントで。


◎Fダイワスカーレット
前走は負けはしたものの牡馬と互角に戦った実績。
好走例多いサンデー系で、前走以上のパフォーマンス期待。

○Jウオッカ
コース実績もあり、ローテーションも良い。
ただ、気になるのはこのレースで
ブライアンズタイム系産駒が不振なこと。

▲Hタガノグラマラス
前走エルフィンS4着馬が近2年2着。
道悪なら好走が期待できそうな血統だが、果たして・・・

☆Aレインダンス
距離短縮は微妙も、厳しいレースになれば強い血統。

△Gローブデコルテ
力はあるが、距離は1400mがベストの血統。
相手関係から、馬券に絡む可能性はあるが・・・

20070303_01.jpg
20070303_02.jpg


オーシャンステークス
昨年新設された重賞。
昨年の上位の血統は平坦・ダート寄りだったが・・・。


◎Fスピニングノワール
前走は案外だったが、コース実績あり、今回こそ。

○Lネイティヴハート
スワンS大敗からの参戦は、昨年と同じローテーション。
昨年同様の波乱を演出するか。

▲Cコパノフウジン
近走振るわないが、昨年2着のレースで変わらないか。

☆Hタマモホットプレイ
本来は中山あう血統だが、自身が京都の内弁慶だけに。

△Kサチノスイーティー
コース適性ある血統も、
ネヴァーベンド系は暖かい季節の方が走るので・・・
posted by こずえまにあ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

つよさより、てきせいで。

25日、中山では中山記念が、阪神では阪急杯が行われます。


中山記念
近年ではバランスオブゲームの例があるように、
スペシャリストが活躍する中山の芝1800m。
その適性はGI馬を凌駕することも度々あることを
頭においておきたいです。


◎Nシャドウゲート
1000万条件ながら、1.1秒差の圧勝は
スペシャリストの可能性十分。
父リファール系が好走するレースでもあり、中心。

○Kダンスインザモア
昨年5着も、このコースの重賞勝ちある。
スランプ脱出で、本来の適性を示す場になるか。

▲Hエアシェイディ
コースは合わないが、昨年4着のメンバーより弱化。
昨年2・3着馬と同じ父サンデー×母父ノーザンテースト
配合で、今年は・・・。

☆Fインティライミ
こちらも合っているとは言えないが、配合は近い。
距離は合うはずで、好走の可能性も。

△Bトウショウシロッコ
セントライト記念の好走から、
このコースの適性高い可能性あり、押さえには。


阪急杯
昨年から1400mとなり、参戦過程やメンバーが変化。
同条件の阪神カップを見る限りは、
芝・ダート兼用血統へ適性がシフトしたのかもしれないです。


◎Dエイシンドーバー
父ミスプロ系×母父ロベルト系の配合。
距離短縮は歓迎だが、勝ちに恵まれない鞍上だけに連軸で。

○Nシンボリグラン
阪神カップから適性ある。
この距離ベストなだけに、勝つならここだろう。

▲@プリサイスマシーン
年齢が嫌われて人気が落ちるなら妙味。
斤量が不安だが、絶好調の鞍上で相殺できるか。

☆Cロードマジェスティ
血統的にコースは合うが、距離が短いかも。
ただ、ブライアンズタイム産駒特有の大駆け怖い。

△Gコスモシンドラー
昨年の2着馬。近走不振でも押さえは必要。

20070225_01.jpg
20070225_02.jpg
posted by こずえまにあ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

そとまわりコースで

24日、阪神ではアーリントンカップが行われます。
コース改修に伴い、昨年までとはコース形態の違う
外回りコースでの開催。
過去とは違う血統の台頭も、十分に考えられるでしょう。


◎Aトーセンキャプテン
コース形態で恩恵を受けそうなトニービンの血統。
無敗馬の未知の魅力もあり、本命。

○Mローレルゲレイロ
阪神JFの結果から、この血統も恩恵を受けそうで。

▲Gディープスピリット
このレースで3頭の勝ち馬を出している
ブライアンズタイムの血統。
鞍上も魅力で、一気の上位進出も。

☆Kトーホウラムセス
この時期までは芝ダート兼用血統が活躍する。
04年シーキングザダイヤの再現なるか。

△Eコンティネント
未勝利ながら同コースでの好走経験有り、侮れない。


20070224_01.jpg
20070224_02.jpg
posted by こずえまにあ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | けいば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。